Power Pointの作成方法

このテキストは筑波大学 人文学類 情報処理実習用に作成されたものです。
一般の方には無関係かもしれません

パワーポイントを作ってみよう!!
  1. Power Pointを起動する

  2. テキストを書いてみる

  3. 図を書いてみる

  4. オートシェイプを使ってみる

  5. アニメーション

  6. 次のスライド

  7. スライドショー


1.Power Pointを起動する

まずはPower Pointを起動してみましょう。 デスクトップから「スタート」メニューを開き、「プログラム」→「Microsoft Power Point」をクリックします。
起動すると以下のような画面が現れます。(もし現れない場合は、さらに「ファイル」→「新規作成」と押してください)



ここでスライドのレイアウトを選びます。
とりあえず、一番左上にあるレイアウトを選んで見ます

それでは次に、テンプレートを挿入してみましょう。
上のツールバーから「書式」→「デザインテンプレートの適用」とクリックします
そうすると、テンプレートの一覧が表示されます。



ここでどれか一つテンプレートを選びます



ここで自分の気に入ったテンプレートを選んでください。
とりあえず例として、[Blends.pot]を選んでみます。
そうしますと、テンプレートが適用されます。




2.テキストを書いてみる

テキストを作成するには「クリックしてタイトルを入力」をクリックしてテキストを入力します。

又は、下の方にあるツールバーから「テキストボックス」をクリックし、テキストボックスを配置して入力を行います



テキストの色を変えたり、四角の枠で囲んだり、テキストの背景に色をつけたりするには、
テキストオブジェクトを選択した状態で右クリックを押し、「プレースフォルダの書式設定」を選びます
ここで塗りつぶしや線の設定など、いろいろな書式を変更することが出来ます。



また、下の方にあるツールバーから設定を変更することも出来ます。





3.図を書いてみる

下の方にあるツールバーを使って図を描くことが出来ます。
また、イメージファイルの取り込みを行うことで、以前作成していたファイル等を取り込むことが出来ます。
これらの操作はWordで行った操作と同じですので、省略します。





4.オートシェイプを使ってみる

オートシェイプを使うと、図や矢印、3Dの立体など、様々な図を描くことが出来ます。






5.アニメーション


アニメーションとは、これまで作成してきた、テキストや図、矢印などを動かすことです。
アニメーションを使うと、視聴者により分かりやすく説明することが出来ます。

設定の方法は、上のツールバーから「スライドショー」→「アニメーションの設定」をクリックします。


ここでアニメーションの設定を行います。
まず最初にアニメーションで動かしたいオブジェクト(テキストや図形など)にチェックを入れます。

チェックをいれたアニメーションは、下の「アニメーションの順序」の欄に追加されます。

また、ここでアニメーションの順番を入れ替えることも出来ます。



動作させたいアニメーションを選んだら、 次に「効果」のタブをクリックしてどのようなアニメーションにするのかを決定します。

動作の種類は「スライドイン」となっているボックスのプルダウン矢印をクリックして好きな動作を選ぶことが出来ます。

また出現位置も隣のプルダウンメニューから選ぶことが出来ます。

その他、いろいろな設定が出来ますので、試してみてください。


6.次のスライドの作成



発表をするためには複数枚のスライドを作ることになると思います。
新しくスライドを作成するには、上のツールバーで「挿入」→「新しいスライド」とクリックします。
または、ショートカットキーとして、「Ctrl-M」でも可能です。




7.スライドショー


数枚のスライドの作成などが終わり、発表準備が出来上がったら
スライドショーで自分のスライドを確認してみましょう。
スライドショーを実行するには、上のツールバーから「スライドショー」→「実行」とクリックします。
又は、「F5」ボタンを押すだけでも大丈夫です。
自分の思いえがいていた通りにスライドが動いているでしょうか?
もしそうでない場合は、もう一度修正してください。