RSS for DBWorld

http://www.dblab.is.tsukuba.ac.jp/~ljq/dbworldrss/feed.rss

Written by PHP+SQLite+RSS
Enjoy it.

p.s. I hate the “huge” e-mail “rubbish” from the original DBWorld mailing list.
Thus, I have unsubcribed it, and created this rss for me, you and one who favors RSS reader.

Comments (3)

Improve user experience

With the developping of the Internet, web search become more and more important. Meanwhile, the requirement of advanced users is also increasing. For example, the users need better user experience to support their searching task on the web. But, how can we do? It comes to a part of my research. I want to give the users better user experience when they search the web, via the current data mining techniques. Especially, we often call it web mining in the current information retrieval field.

Focusing on this topic, I did some experimental computation, analysis, implementation of our web search supporting system (ZmSearch), and concluded a research paper in the end. The title is “Using An Interactive Interface to Support Web Search for Improving User Experience“, which is to appear in the 1st IEEE International Conference on the Applications of Digital Information and Web Technologies (ICADIWT’08), this August in Czech Republic. I have to perform a presentation to introduce my contribution in the paper during the conference days from August 4 to 6. Here, firstly wish myself good luck and having a good trip.

As the future work, I have to go into the analysis of relevant keywords, and pay more attention to support the users to search the web more easily, conveniently and quickly. Of course, I still attempt to pay more efforts to help the users to find out the marginal information or knowledge more easily, and to repeat their selft-learning, and so on.

Okay, keep fighting for the better future as possible as I can.

Comments (1)

Excelで作った図をepsへ変換

論文を書くとき、Texを使わなければならない。でも、Texで認識できる統計図や曲線図などは、epsフォーマットしかうまく使われてない。確かに、Texで書かれた文書はすごく綺麗だ。でも、それぞれの要件が制限されてしまうので、とっても面倒だ。例えば、当面の話題だと、eps図を作る方法がいくつかある。R/GNUPlot/inkscapeなどの専用ソフトでeps図がうまく作れるというのは、確実だと思う。ただ、それぞれを使うのは手間がかかる。又は、MSのExcelでまず図を作って、JPGへ変換し、更にJPGからepsへ変換しなければならない。というまずい流れがあると思っていた。流れだけ面倒ではなく、それで作ってきたEPSファイルの質量もどんどん悪くなってしまう。EPSファイルを再度Texに入れてから、最後には全然見づらいし、恐らく見えなくなる可能性も高い。

Excelで簡単に統計図を作れるため、変換されてきたepsファイルに関する質量も上がれるため、昨日論文を作成するとき、一回作り方を見直してみた。やったっっょ!下記の手順で進めば、高質量のeps図を簡単に作りになる。

  1. Excelで統計図を作成し、それに右クリックしてから、「グラフウィンド」を出す
  2. 出してきたグラフウィンドでのタイトルバーに右クリックし、PDFCreatorで印刷する
  3. 印刷から生成したpdfファイルをAdobe Acrobatで開き、名前付けで保存(Save As)
  4. それで、EPSフォーマットを選択し、変換しながら保存する

ここまで、綺麗なEPSファイルが作られた。(Bitmapからの文字化だけじゃないものよ、是非確認しよう)

このようなやり方は簡単であるだけど、R/GNUPlotなどに対して、熟練であれば、やっぱりそれぞれを使ったほうがプロだと思う。

Comments (303)

Apacheに対するSeLinuxの影響

Fedora Core 3 以降のバージョンにおいて、ApacheのHTTPDに対するセキュリティは高まれている。デフォルトのDocumentRoot以外には、script(Perl/PHPなど)からファイルの書き込みはできなくなってしまう。だから、次の設定を行わなければならない。

#setsebool -P httpd_unified 1
#chcon -R -h -t httpd_sys_content_t /target_path/target_doc_dir
#ls -ZR /target_path/target_doc_dir

上に最後のlsというコマンドから、ユーザ自定義のDocumentRootのpolicyを確かめる。あったら、成功!

特に、SELinuxが使われているFCにおいて、自己のWikiや、Wordpressなどを使いたい場合に対して、こういう設定困難が起こる可能性が高いと思う。おそらく、こんなに簡単な設定に対しても、皆には参考になれるかもしれない。

さらに、詳しくのcontent権限設定はここにある。ご覧ください。

Comments

Sambaに対するSELinuxの影響

Fedora7以降におけば、SELinuxが設定されてしまう場合、Sambaを共有ファイルサーバとして、smb.confファイルを配置するときに、どうして設定しても「書き込めない」という状態になっちゃったのです。これは、SELinuxの安全性の影響となってます。解決方法は、次の通りで、設定すれば書き込めるとなるはずです。

# setsebool -P samba_export_all_rw on
# service smb restart

すごく小さな問題点ですけれど、知らなければ、絶対解決できなくなってしまうのです。

Comments (13)